スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作その2~双月世界の住民達~

※注意!この記事は私SSBの中学時代からの妄想などなどが凝縮した脳内ファンタジーの設定などをまとめてるメモ代わりです。
痛い眼で見るのは良いですが、リア友、Skype等の連絡先を知ってる人はこの記事に関して何も突っ込まないこと!

登場人物紹介

五月一人
年齢:17歳
性別:男性
種族:人間→魔王
属性:無属性
特性:《耐性強化》
    普通より免疫や耐性が強く、順応力が高い。目立たなくて地味だが地形、天候アドが取られづらい。

壁内世界の居住区に住んでいた一般科の高校生。
両親を早い内に別れかれてしまって「甘える」期間が極端に少なく、結果的に他人に依存しがちな青年に育った。
ただ、それを表にそのまま出すのはさすがに恥ずかしいのか普段は表に出ないように強がっているとこがある。
依存しがちな性格な為か友達思いな一面を持っており、少々無謀な行動を取ったりもする。
自身の特性からか、壁外世界の人間ですら嫌悪を向けることも少なくない人外種達とも順応できる。
中性的な顔つきな為、壁外世界を旅をしている時、路銀稼ぎでバイトをしていた喫茶店でアレルイアと店長に半ば無理やりウェイトレスをやらされ、さらにそこの町長の息子に一目惚れされるというおもしろひどい経験があったりする。
一人暮らしが長かったため家事全般はそこそここなせる。

魔王化した一人の個体名は《灰銀の魔王》。
銀色とも灰色とも取れるその特徴的な髪の色から名付けられた。
魔王化後も属性は無属性のままで固有能力は周囲のコードを枯渇レベルまで吸収する《枯渇》、人外種寄りの姿になる変身能力《魔獣化》、魔王化時に長く伸びた髪の毛を変質させ腕の様に扱う《灰銀の魔手》の3種がある。
アーストライアと融合し《カオストライア》となることができる異例中の異例の魔王でもある。
《カオストライア》になっている間は魔王の能力、自身の特性と属性に加えて《インフィニット》と電子属性が付く為、一人の最強状態とも言える。
ただし、元々魔王と電子は対になっているのを無理やり両立してる為身体の負担は大きく、一度分離すると一気に
バテる。



アレルイア・スフィアシード
年齢:19歳
性別:女性
種族:人間
属性:地属性
特性:《寄生武装(パラサイトアームズ)》
    体内に宿している金属に近い性質を持つ寄生体を自身のコードで自在に操る。磁力の影響を受けない。
   《儀式術式》
    コードを利用し様々な現象を起こす。属性の召喚、物質の転移など用途は様々。

壁外世界で一人と最初に出会った少女。
元々若くして騎士団の新人指導の立場に立っていた天才儀式術士。
おとなしく面倒見の良い性格だが、お姉さんと言うには少し幼さが残っている。
彼女もまた一人同様、「他人に依存する」タイプの人間で、同じ依存型の一人とは特殊な信頼で繋がっている。
上層部の研究に強制的に参加させられ、体内に《寄生武装》を植え付けられ、実験場を壊滅させ逃走。
信頼していたモノの裏切りが心に傷を作り、以降7年近く他人と接点を持たない様に隠れるように森の奥で暮らしていた。
一人と出会い、彼の順応力と友達思いな性格から少し心を開き、彼と旅を共にするようになった。
逃走した時の年齢が12歳で7年もの間他人を接点を持たなかった彼女の羞恥心はひどくずれていて、水浴びしている姿を見られても大して抵抗せず、「見られて減るもんじゃない」と考えている。
だが、背中の実験傷だけはどうしても見られたくないらしく、見られた時の反応は裸を見られた女の子の対応と大差ない。
また、体内の《寄生武装》をコントロールするために自身のコードを常に使用しなければならず、結果彼女の得意分野の《儀式術式》は使えないも同然。
戦闘分野ではサポートが得意だが、戦闘自体はそこまで経験があるわけではない。
その為一人の戦闘のサポート、相手の拘束などを重視したバトルスタイルになっている。
7年も一人で生活しているにも関わらず、彼女は家事が恐ろしく下手である。



ラグナ=ディアス
年齢:20歳
性別:男性
種族:人間
属性:炎・氷
特性:《対属性》
    本来両立できない対となっている属性を両立できる。単属性持ちの耐性より強い耐性力を持つ。
   《体温変換》
    体温の「熱」を炎や氷に変換する。炎に変換すると体温が下がり、氷に変換すると体温が上がる。

元は騎士団の三幹部の一人だった青年。
元々人間離れした腕力や脚力を持っており、さらに先天的に《対属性》と《体温変換》を持つことで騎士団でもトップクラスの実力者だった。
自分なりの正義感を持ち、信仰と武力介入で平和を目指していた上層部の意向に反発的だったが、部下の裏切りにより騎士団を追放された。
以降、同じように理不尽な理由で追放、処分されそうになった者達を束ねて「ディアブロ」と呼ばれる組織を作り、騎士団に日々対立している。
元三幹部だった彼のリーダーとしての素質は十分すぎるほどで、部下達との上下関係をあまり気にしていない。
言葉の薄っぺらさをしっているためか、彼の他人への評価は直にぶつかり合って確かめるというかなり好戦的な判断方法を選ぶ。
性格も少し短気だが、仲間思いで、部下より先に最前線に飛び出すような戦闘狂。
一人にとって数少ない「魔王の自分もまっすぐ受け止めてくれた人」の一人で、目標でライバルでもある。
アレルイアとは同期だが、遠征部隊と新人指導という立ち位置の違いから接点はほとんど無く、彼女の壊滅的な料理スキルをしらずに食し、数日寝込んだことがある。
他人の色恋沙汰を眺めるのを楽しんだりするが、本人は自分の色恋沙汰には全く興味が無い様子。



カナン・モリミヤ
年齢:16歳
性別:女性
種族:人間
属性:光
特性:《儀式術式》
    アレルイア同様。属性が光な為主に回復、守護などが主流。

騎士団の三幹部の一人にして、アレルイアのただ一人の儀式術の弟子だった少女。
アレルイアの逃走事件を上層部からは「禁忌に手を出し研究者を殺害し逃走した裏切り者」として聞かされており、アレルイアの捕縛を第一目標にしている。
ただアレルイアのことを自分に儀式術を教えてくれた良き師匠として尊敬していた事もあり、自分の意志では何時まで経っても彼女を捕まえられないと思い、普段は思考停止して上層部の命令を遵守している。
厳しくも優しい上司として部下たちからはアイドル的信頼を受けているが、本人はそれを全く気づいていない。
技術部から稼動テストとして最新の「第四世代ブレード試作機」のテスターを請け負っている。
ユウという双子の兄がおり、戦闘が不得意な兄の分も働いて平和に日々を過ごしたという理想を持っており、その理想があるからこそ厳しい戦いをも乗り越える実力と精神力を得ることが出来た。
だが、その兄と二人きりの時はいつものキリッとした雰囲気から抜け、膝枕を要求したりと兄に甘えたがるただのブラコン妹となる。
アレルイアの弟子だっただけあり、彼女も料理はド下手である。

彼女は自分のブレードを専用改造し、ブレード内部に儀式に使う属性や儀式術のスロットを用意することで自身の属性以外の属性を召喚したり、その恩恵を受けたりすることができる。
またアレルイアの《寄生武装》対策兵器《分断空間(ジャミングワールド)》を保有する。



ダリア・B・メイデン
年齢:19歳
性別:女性
種族:人間
属性:地属性
特性:《簡易契約-白溶-》
    「白溶の魔王」と契約を結び、簡易的に魔王の能力を酷使できる。ただし贄として心を蝕まれる。

騎士団の三幹部の一人でラグナを追放に追いやった元部下の女性。
元々はおどおどした性格で、ラグナの部隊にいた時はラグナの眼力に常に怯えていて、そんな自分を変えたいと思っていたところを「白溶の魔王」に付け入られ契約をかわしてしまった。
それにより妖艶な女性らしさとSっ気のある強気な性格になり、そのままラグナに冤罪をつけ追放し三幹部の席を奪った。
「自分を変えたいという願いがかなった」と思っていたが、実際は白溶の魔王のパンドラコードに侵食され精神汚染された結果性格が変わっただけだった。
その後契約を維持するために部下の男性騎士達と夜を共にし、精気を集めていた。
夜を共にした男性騎士を洗脳し、「操り人形(マリオネット)」にして部隊を整えており、彼女自身のリーダーとしての素質はからっきしである。
その為か部下からの信頼を掴んでいるカナンを良く思っておらず、からかったり兄のユウにちょっかいかけたりすることもある。
実は上層部トップの「三皇」と呼ばれる三人の支配者の一人の孫で弱々しい孫を見かねて騎士団に入団させられた経緯がある。

彼女のブレードは自動回収機能を持った投擲ナイフ。
得意分野である調合でしびれ毒、催眠毒、猛毒などをナイフに仕込む事で相手の自由を奪ってしまう。
この戦い方自体は契約する前からやっていたもので、案外元からSっ気があったのかもしれない。



ユウ・モリミヤ
年齢:16歳
性別:男性
種族:人間
属性:闇属性
特性:《暗黒波動》
    周囲にある影や闇を常にエネルギーに変換し、コードを利用せず多彩な攻撃を可能とする。
    魔王並の身体能力を持つが、魔王以上に他属性の恩恵を受けられにくい体質。

カナンの双子の兄。
騎士団で街が騎士たちのメンタル・カウンセリングなどを務めるバックスタッフの一員で、三幹部にまで上り詰めた妹のことを大切に思っている。
どうみても女性にしか見えない顔つきと、おしとやかさを秘めた物腰で妹のカナンより女性らしいと住民達の中には彼のファンだったりする人もいる。
それ故か月に1回は必ず恋文などが届くらしいが、彼自身は少々迷惑しているらしい。
家事全般は一人より得意で、バックスタッフのおばさん達からも「いつでも嫁にいける」と言われているほどで、一人も稀にレシピを教わっていたりする。
カナンが心を許し、素を見せられる唯一の人物。
ディアブロのリーダーで組織的には敵対関係のラグナとは未だにプライベート通信で互いの組織事情に触れないことを前提に仲良く会話している。
アレルイアにはカナンの師匠だったことから親しくしてもらっていたが、逃走事件以降は音沙汰もなく一人と共に姿を現すまでの7年間安否を気にしていた。
名前は呼び捨てにする事が多いが、素で丁寧語口調で男らしさをどこかに無くしてきた様な性格だが、彼自身はただ普通に過ごしているだけで、女装願望なども全くない。
ラグナと同じく他人の色恋沙汰を覗いたりするのが好きで、当人たちの甘酸っぱい反応などが見てて楽しいらしい。
そんな一面を持ってるからか、色恋に縁がないカナンのことを心配もしている。

彼自身は戦う才能は無いと思っているが、その実彼の特性はラグナに匹敵する物を持っている。
普段はその力を振るうことなど皆無に等しいが、本気で怒った時は無意識にその力を引き出してしまう為、少々どころではない危険性を秘めている。
そんな理由もあってカナンが戦闘面に尽力する代わりにユウとの生活を三皇によって保障してもらっている。



グラーニア
年齢:推定120歳(人間年齢で約20歳)
性別:女性
種族:人外種・龍族
属性:風属性
特性:《適応変身》
    一部の人外種の固有特性。人型と本来の姿の2形態に変身できる。

壁外世界の山の奥に住む龍族の女性。
弟を数十年前に病に亡くし、一人で寂しい生活を送っていたが、偶然崖下で負傷している一人を見つけて治療を施した。
魔王化し、絶望感に嘆いていた一人に「姉のように甘えてくれて良い」と伝え、魔王化以降の一人の心の支えとなった。
大規模の龍族討伐隊の攻撃で追い詰められた彼女を一人が救い、以降は一人と義姉弟となり、一人のことを実の弟の様に溺愛している。
性格は龍族として威厳あるところがあるが、一人が義弟になってからは姉バカな一面も出てきていて、一人の頼み事はよっぽどの事以外は断ろうともしない。
龍族本来の姿は頭を守るように伸びた角を持ち、翡翠色の鱗と体温により硬度が変わる針の様な毛を生やしている「ワイバーン」の一種で中型~大型の中間くらいの大きさ。また、一人称が「儂」になっており、少し古風混じりの喋り方をする。
この百数十年で胸のサイズが全然育たない事にコンプレックスを抱いている。



ミーシャ・エーテルリンク
年齢:推定16歳
性別:女性
種族:人外種・猫人族
属性:無属性
特性:無し

魔王化した一人が放浪してた時に出会った猫人族の少女。
人外売り(人外種で需要のある若い娘などを拐い、物好きな人間に売買する者達)に追いかけられていたとこを偶然一人が出くわし、助けられた。
その後疲労で意識を失った一人を村に運んで看病し、魔王化以降の一人の心の支えの一人となった。
その後しばらく村で一緒に過ごして一人に懐いて村を出て一緒に行動するようになった。
その後すぐに崖で一人とはぐれ、合流したらグラーニアがくっついてきてるという状況にちんぷんかんぷんだったらしい。
性格は楽しいこと、面白いこと第一の自由人。
他人になつきやすく恩もある一人には特によくなついている。
スキンシップが激しいタイプなのは良いが、スタイルが無駄に良いせいで一人自身は大変困っているらしいが、そんな事には全く気づいていない。
猫の特性を持ち合わせている為、俊敏な動きで相手を翻弄し、爪で切り裂くヒットアンドアウェイな戦い方をする。



クロウ・ハウル
年齢:22歳
性別:男性
種族:人外種・犬人族
属性:炎属性
特性:《咆哮(ハウリング)》
    意味を込めて吠える事で相手の動きを止めたりすることができる。属性恩恵で発火も可能。

魔王化した一人を探しているアレルイアに協力した青年。
元々は壁外世界の人間界と人外界の境界線を見張る役目を背負った一族の末裔で、人外界に入ろうとしたアレルイアの前に立ちはだかった。
その後何度もアレルイアはクロウに話をして実家から休暇を取り、監視役として同行した。
だがその後出会ったメイルに一目惚れしていまい、最後まで一緒に行動してしまい実家から境界監視の任を解かれてしまった。
それ以降はメイルに振り向いてもらえるように日々努力している。
アレルイアやグラーニア、ミーシャなど人間人外関係なく女性陣に囲まれている一人のことを一方的に嫌っていたりと、色恋沙汰に積極的なギャルゲの主人公の親友みたいな奴。
生真面目な性格のせいで自由人なミーシャともあまり咬み合わないが、戦闘でのコンビネーションはなにげに一人とアレルイアのコンビに並ぶ。
将来の夢は「美人の奥さんと幸せな家庭を作る!」という意外にも乙女チックだったりする。
一人達と同行してる間は一人と交代制で料理をしていた。



メイル・ディープシィ
年齢:不明
性別:女性
種族:人外種・人魚族
属性:水属性
特性:《適応変身》
    内容自体はグラーニアのそれと同種。ただし変身は本来の姿の魚竜型、通常時の人魚型に加えて不完全ながら人間型の3形態がある。
   《歌姫(セイレーン)》
    歌声で大気中のコードの流れを崩すことで天候を操作することが可能。ただし嵐、竜巻などの災厄の類までは自由に発生させることは出来ず、最大でも晴天を大雨に変える程度。

一人を探していたアレルイアが偶然に出会った人魚族の少女。
すごくマイペースで常に眠たそうにしているが、眠り癖があるわけではなく、日常がつまらないかららしい。
その為、一人を探していたアレルイアとクロウの事に興味を持って好奇心でついていった。
一人達と合流後もそのマイペースさは相変わらずで、クロウのあからさまなアプローチにも全く気づく様子がない。
人魚族の特徴なのか、露出の高い格好をなんとも思わず、不完全ながら人間形態になった時は陸を歩ける事が楽しくて「全裸」で走り回ったりした。
人魚族としての能力《歌姫》により天候を多少操作することは可能。



シオン・ファランクス
年齢:推定12歳
性別:女性
種族:人間・半電子化
属性:電子属性
特性:《インフィニット》
    半電子化した身体により、コードの流れに乗りあらゆる場所に侵入可能。また傷や欠損も修復できる。
    また、痛覚をある程度の遮断は可能。(切り傷や骨折程度の痛みを消すのが限界)
   《晶槍-ラルバギア-》
    接触すると結晶化する光を生み出し放つ事ができる。また、通常、又はパンドラコードからのダメージを大きく軽減できる。

王戦騎終戦後すぐの時代に生きていた少女。
ある日森でアーストライアを出会い、彼女の友達になるも騎士団の創設者達の自己中心的な理想の為にアーストライアと離れ離れにされる。
その後はアーストライアから受け取った《インフィニット》と《晶槍-ラルバギア-》で友を奪われた怒りと一人ぼっちの孤独感から逃げるように結晶化して眠りについていた。
それから数百年後に黒拳の魔王により目覚め、未だにアーストライアが開放されていない事実から魔王たちに力を貸していた。
一人が壁外世界を旅することになった原因を作った張本人でもあり、アーストライア以外の他人のことは名前を覚える気がなく、「お兄さん」か「お姉さん」などの曖昧な呼び方をする。
数百年眠り続けていた為子供らしさが残っているが、容赦の無い性格をしている。
自身のことすら客観的にしか見ておらず、アーストライアとの絆だけが今の彼女の存在意義となっている。
一人達がアーストライアを解放し、和解してからは時々アーストライアと共に顔を見せに来るが、やはり人間嫌いが抜けきってない。
普段はケーキ大好き、恋愛に興味津々な12歳の女の子。
ラグナやユウみたいに他人の色恋沙汰を眺める趣味は無いが、色恋沙汰自体には興味がある。
半電子化した身体は成長が止まっているのと同じで、「こんな子供っぽい体型で恋愛できるのか」などなど、色々気にしている事が多いが、肝心の好きな人はいない「恋に恋してる」状態。

そんな彼女の戦闘スタイルは《インフィニット》による浮遊機能で空中から《晶槍-ラルバギア-》を様々な形態で出現させ、連携を取らせて相手を狙う中距離攻撃型。
一番簡単な形状の球体を相手を囲むように並べ追い込む型、本来の形状の槍で相手を突き狙う型、形状に拘らない完全砲撃型など様々で、特性だけなら最強クラス。
ただし、肉体自体は普通の12歳の女の子のままなので、スタミナが長時間持たない。



蒼夜
年齢:19歳
性別:男性
種族:人間
属性:無属性
特性:《リングシステム》
    対象者、対象物の能力を増強し、変身させる。また、武器に残る記憶を元に使用者を記憶の欠片として復活させることもできる。この能力増強は自身にも可能。
   《不明》
    能力詳細不明。光や時間に干渉する能力らしいが、それ自体一部にすぎない可能性が高い。

一人達の前に幾度と無く姿を表す青年。
神出鬼没で一人達の敵にも味方にも見える言動を取る。
本人は戦う気はあまり無いが、ラグナとカナン曰く「あいつに喧嘩売っても部隊が壊滅させられるだけで良いことは一つも無い」らしい。
性格はミーシャ以上の自由人で常に余裕のある表情を見せる。
それに加えて楽しいことに進んで首を突っ込むお気楽な一面を持ち、いろんな街、村の祭りやイベントを楽しんだりしている姿をよく目にする。
ムーントライアに唯一好かれている人物でもある。



アーストライア
年齢:不明
性別:女性
種族:電子精霊・人工種
属性:光・電子属性
特性:《インフィニット・オリジナル》
   シオンの《インフィニット》のオリジナルで自身の存在そのもの。戦闘への応用できるかは不明。

数百年前に終戦後の大地と人間を導き見守ることを目的に制作された人工種の電子精霊の大型個体。
騎士団の創設者達の野心から身を守るためにシオンと同様自身を結晶化して眠っていた。
それを一人が触れたことで開放され、今では見守りつつ案外自由にのんびり過ごしている。
皆のことをさん付けで呼ぶが、シオンは友達だから呼び捨て、一人は恩人だから様付けにしている。
一人と融合し新種のトライアシリーズ「カオストライア」に進化することもできるが、お互いに負担が大きいため基本は行おうとはしない。
信仰対象にされるだけあって温厚で心が広いが、彼女自身は過去の出来事から信仰者が苦手だったりする。
自分のサポート目的で追加制作された妹がいるが、正直仲は良くない。
彼女自身は仲良くしたいのだが、妹が一方的に嫌っている。
完全電子体な為人物には触れられるが、コードを通わせていない物には触れることが出来ない。
当然食事をすることも出来ず、それが彼女の数少ない悩みでもある。
(カオストライアになればその悩みは解決されるが、分離後しばらくまともに浮くこと知ら出来なくなる為利用しようとはしない)



ムーントライア
年齢:不明
性別:女性
種族:電子精霊・人工種
属性:闇・電子属性
特性:《遠隔洗脳》
    対象者に自身の一部を取り込ませることで遠隔操作が可能となる。その間自我は眠りにつき、人格もマイクとスピーカーのような関係で自身の言葉を洗脳した対象者から発することができる。
    ただし本人でない故全力を出し切ることが出来ない。
   《インフィニット・オリジナル》
    アーストライアと完全同種。

アーストライアのサポートの為に制作されたトライアシリーズでアーストライアの妹。
製作段階でのバグが残っていたせいか初起動と同時に暴走を始めアーストライアと当時の英雄の手により封印されていた。
蒼夜とは自分の唯一の理解者としてアーストライアとシオンと似たような関係。
性格はアーストライアから物腰の柔らさかが抜けた様な感じで人間を見守ることを目的としたアーストライアとは別で「世界を守り正す」ことを目的とされている。
その為人間に特別何かを感じることもなくただ目的の為に利用しようとする。
ただそういう冷酷さ以外はアーストライアと大差ない上、バグの影響か少々欲情的な一面がある。
メインキャラの中で案外彼女が一番のムッツリかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SSB

Author:SSB
好きな物:遊戯王 おとボクなど…
苦手な物:グロ系など…
趣味:遊戯王、ゲーム、アニメ鑑賞

■遊戯王の所持デッキ
【スクラップ】
【DD】
【聖刻】(邪神、三幻神、バルバ)
【RUM型アンブラル】
【サンダーエクスシンクロ】
【竜星】

■WSの所持デッキ
【なのは】
【フェイト】

■Z/Xの所持デッキ
【青黒・ローレンアニムス】
【白緑・AFマルキダエル】
【白黒・セイクリッドビースト】
【黒緑・ヴェスパローゼ】
【緑白黒・菖蒲】

ロマンに飲まれやすいファンデッカーです。
主なカードゲームは
遊戯王 Z/X(ゼクス)です。
Z/Xの持ちデッキの圧倒的白+黒率(`・ω・´)

リンク
広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ブロとも一覧

野良猫の足跡日記

谷間に挟みたい話

ちとせの匣

天魔の楽園

飛び疲れた、蝶

幻想氷月

にゃんとなーく

Scarlet Lyric ~紅の詩~

創作世界観
カテゴリ
Twitter
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。